一般的には婚活サイトに対する偏見

私の婚約者は婚活サイトで見つけた男性です。
しかし親に紹介する際、
馴れ初めを婚活サイトとは言えずにどんな嘘でごまかそうかとかなり悩みましたね。
私の親は婚活サイトに偏見を持っているタイプですので、
正直に言っても反対される可能性がありました。
親の世代で婚活サイトに寛容という人のほうが少ないでしょうね。
テレビでも婚活サイトがらみの詐欺事件や殺人などの情報が流れますから、
マイナスイメージをもたないほうがおかしいといった風潮にあります。
しかし私の彼氏は婚活サイトを介して知り合った人です。
色々考えた結果、親には婚活サイトという単語を使わずに
婚活サイトで知り合った人だというふうに紹介したんです。
近頃は婚活がブームですし、なんだか明るい感じでテレビでも特集されているので
悪いイメージはないだろうと思ったんです。
母に婚活サイトといってもあまり理解できていないようでしたが、
テレビでやってるようなことねと勝手に解釈してくれました。
まだ母にしか彼のことを紹介していないのですが、
そのうち父にも話さなければなりません。
父は母よりも厳しいので、どういう言い方がいいのか悩みます。
婚活サイトだって婚活サイトと似たようなものだし、
いい方を変えたくらいで納得してくれるのかは自信がないんです。
まだまだ一般的には婚活サイトに対する偏見もありますし、
婚活サイトを使っている人は遊びの人が多くて
危険なサイトというイメージが強いんですよね。
きっと両親も婚活サイトという言葉をださなかったら、
誠実な彼のことを気に入ってくれると思うのですが、
私も婚活サイトと打ち明ける勇気がないですし、
そんな自分を彼に対しても申し訳なく思っています。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ